« 『あしたはハレ』 | トップページ | 『号泣する準備は出来ていた』 »

『さくら伝説』

サクラ咲ク

落ちてからの二週間が永遠のようにながく感じていたけれど、今振り返るとあっという間だった。

受験で知ったこと、自分の弱さや醜い嫉妬心、それを生かしてこれから生きて行かなければこの受験は無駄になる。

|

« 『あしたはハレ』 | トップページ | 『号泣する準備は出来ていた』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『さくら伝説』:

» これは絶対見られたくない日記 [1人ぼっちじゃ寂しいよぉ…]
[続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 13時37分

« 『あしたはハレ』 | トップページ | 『号泣する準備は出来ていた』 »